税理士選びのポイント!

「税理士」を変えることで会社は大きく変わります。

毎月支払う顧問料が会社の経費の削減。最大のメリットは社長の

経営上のストレスからの解放です

 

何を基準として選ぶべきか?税理士選びのポイント!

1. 税理士報酬

税理士報酬については千差万別、必ずしも安かろう悪かろうの業界ではありません。

ただし、人件費率が高い業界ですので、報酬が極端に安い事務所は遠慮した方がいいでしょう?

 

なぜなら、御社の重要な会計処理をパートのおばさんが処理しているでは話になりません。業務の内容を比較し、適正な年間報酬額で検討してください。

 

2. 大手事務所か中小事務所か?

大手事務所のメリットデメリット

  @国際税務、連結納税、M&Aなど最先端の情報を提供してくれる。

  A各案件ごとに専門スタッフがいるため、特殊案件にも強い。

  Bトップの税理士と会えるのは最初のみで、後はスタッフが担当。

    慎重な判断には即座に対応できず上司の判断待ちとなることも。

  C一般的に会社担当者が頻繁に交代。

中小事務所のメリットデメリット

  @スタッフではなく、御社専門の担当者が長く直接担当するため、会社に関係の

   ない些細な相談にも親身になって対応してくれる。 

  A大手事務所に比べ、顧問料が安い傾向にある。

  B専門スタッフがいないため、国際税務、連結納税、M&Aなど

    最先端の会計処理には対応できないことも…

 

                                    お問い合わせフォーム

                                    

 

もし契約されている税理士がこんなだったら問題です。

私のお客様には、他の税理士からチェンジされたお客様が数多くいらっしゃいます。

下記のような税理士に対する疑問をお持ちでしたら、税理士交代以前に一度御相談ください

秘密は厳守いたします

 

1. 来ない。最初の話より実際の訪問頻度が少ない。

2. 仕事が遅い。月の報告が2ヶ月後。決算でいきなり多額の納税の説明を受けた。

3. 税務調査の際、訳のわからない追加の納税が発生した。

4. 説明が難しい(ごまかし)提案がない

 

業界に身を置く私からすると耳の痛いお話ですが、別の税理士から、私にチェンジされたお客様方の主なチェンジの理由です。

 

もし、今の税理士に大事にされていないと感じたら、

一度御相談ください。 この先も同じことが起きるかも?しれません。 

 

                                                                  業務の進め方                                                                                                

                                                                  御契約の流れ 3ヶ月試用期間

                                                                  お問い合わせフォーム

税理士へのご要望を持って!

まずはご要望を聞かせてください! 税理士に不満

会社組織100社あれば、100社異なります。置かれた状況、経営環境…さまざまです。

その中で社長が税理士に求めるご要望はどのようなものですか?

スピード対応
経理事務の省力化 
お金を貯めたい
税金はなるべく払いたくない

そんなご要望を税理士に直接ぶつけてみてください。今の税理士がそのご要望に対して、どんな反応をとるか?

税理士も100人いれば、100人仕事のやり方、顧客対応など異なります。

  

まずは、じっくりお話を聞かせてください

無料で会社ごとの個別の御相談に対応しております。 

 

                                       お問い合わせフォーム