税理士を志した経緯

解決.jpg私の最初の就職先は金融会社」。商品先物取引会社でした。商品先物というと皆さん「こわい」とか「あぶない」とか?そのようにイメージされている方が多いと思います。

 
        (実際そうだったんですが)

 

ただ、私の大学当時、その業界が今後成長する三大業種の中の一つに挙げられていたのです。

  

当時(1997年)は株式市況低迷、不動産市況低迷、超低金利…

今と比べれば、レベルが違いますが、ちょうど就職  氷河期という言葉が初めて使われ出した時期でもあります。

 

そんな中、私は「日本の余剰資金は投資する場所を求めて先物相場(ファンド)へ流れる!」と読んだのです。実際、当時金融最先端であったアメリカでは、株式、不動産よりも先物相場の方が規模が数段大きかったのです。

 

その読みは短期的には当たっていました。ドン冷えの日本経済の中、各先物会社の売上げは軒並み増加。そんな中、私は新人営業マンとして新規開拓に励みます。

 

私は他の新人営業マンと比べて歳がちょっと上(大学卒業が25歳)であったため、「他のヤツには負けたくない」との一心から、休みの時間も削って仕事に奔走しました。その甲斐あって、入社一年目からベテラン社員を上回る輝かしい営業実績を獲得したのです。

 

しかし、そのツケ?が入社3年目に回ってきました。「私のお客様何人かが大損をするという事実。」

 

当時の業界は、「食いつぶし営業」。お客様をもうけさせるのではなく、獲得したお客様の資金をどうやって自社の手数料に変えるかに全力が注がれていました。

 

私自身、入社して一年目からうすうす気づいてはいたのですが、私は新規とり、その後の運用は会社幹部が担当。私は口を出せる立場ではありません。

 

新聞雑誌等で聞かれたことありませんか?「先物で破産」。

 

めったにそこまでは行かないにしろ、当時の業界はそれに近いものがありました。 一生懸命やっていただけに、私のショックも大きいもので体重が急激に20キロ増加。「自分の人生をかける仕事が…こんな詐欺まがいとは!」

 

私の人生の転機となりました

その時、強く思ったんです。

 どうせ一生やるなら人の味方になれる仕事

 人にうらまれることはやりたくない

 新規とりだけでなく、その後も長く付き合いたい

 

そんな思いの中で、私のできそうなことは何か?部屋の本棚をあさっていた時、出てきたのが大学時代に勉強した簿記の教科書でした。

 

この簿記の先に、私の思いを満たすもの!私は税理士の勉強にのめりこみ、税理士事務所へ転職したのです。 

しかし、税理士というと国家資格。簡単にとれるものではありません。仕事をしながら帰宅後の勉強。眠い目をこすりながら…上記の思いを抱きながら税理士資格取得までに9年かかりました。 

 

                                     お客様への思い

お客様への思い

私は現在、実務経験11年目。この11年間いつも思い続けてきたこと。

5握手.jpg

それは、

 

やはりあの時と変わりません

 

人の味方になれる仕事   

恨まれることはやらない

お客様と長くお付き合いしたい

 

 

この思いを満たすため、自分はどうならなければいけないのか?本を読み、知識を豊富にし…しかし、お客様方は皆さんプロ中のプロの方ばかりです。そんなプロ中のプロの方々相手の中で、私のできること。

 

 

それは、どれだけ相手の立場に立ってものを考えられるか」という一言に尽きると思います。

 

 

では、実際、どうやってお客様の立場に立つのか?皆さんが望まれていることは?

 

 

決算対策、節税対策、銀行対策…相続、贈与対策。

 

 

言葉を換えればいろいろな表現ができますが、最終的には少しでもいい決算をという思いが経営者の気持ちです。

 

 

そんな思いに直面している中で、私が出した結論が税理士の業務の枠を絞ること(中小企業に対するスペシャリスト化)です。

  

どんな仕事でもそうですが、やはりその道の専門家というのは強いものです。例えば、病気になられたと仮定して?なんでもオーケーの内科医とガンの専門医?業務的には、なんでもオッケーの内科医の方が幅広く、さまざまな患者に接します。それに対してガンの専門医はガン患者のみ…ただし、ガンを専門としているため、ガン患者に対しては圧倒的に強のです。 

 

税理士の仕事をあげれば、コングロマリット、国際税務、M&Aなど、例をあげればいろいろありますが、それらのものは他の税理士に任せ、私は中小企業向け税理士ナンバーワンを心がけています。 

 

                     中小企業経営者のみなさまへ

みなさまへ

かいけつ.jpgなぜ、私が中小企業の経営者の皆さんのビジネスに貢献したい考えるようになったのか?

 

それは…

私は営業マン時代、主に上場企業の役員、または、管理職の方々を相手に営業活動を行っていました。日中、これらの会社へ、仕事と全く関係のない個人向け商品を販売しに行くのです。

 

ただ、その際、不思議なことが?

 

上場企業の方々に限って、仕事中にもかかわらず、仕事そっちのけで、個人向け商品を販売している私に時間を割いてくれる…場合によっては二時間三時間も…

 

しかし、税理士事務所へ転職し、さまざまな経営者の方々と接してみると、中小企業の経営者の方々が大企業の役員よりも何十倍も毎日時間に追われていることに気がつきました。

 

そもそも、大企業は人材に関して非常に恵まれています。例えば、大企業は税務、財務、経理部門に優秀なスタッフがたくさんいますから、大企業の役員はこれらの業務に関しほとんど苦労することがありません。

 

しかしながら、人材に乏しい中小企業の経営者の場合はそうはいかないのです。社内に、スペシャリストである部下がいない訳ですから、本来の社長の得意とする業務以外に税務、財務、経理といった仕事も社長が兼務!経営者が二足三足のわらじを履くといった大企業では考えられないことが普通に起こっているのです。 

 

社長が日々の業務に追われ、たった一人で孤軍奮闘している場面に直面し、私の気持ちは大きく揺れました。「多数の業務を一人でこなさなければならない経営者に対して、私の得意分野では、しっかりサポートしたい」。そうすれば、私の営業マン時代の挫折感/夢もかなえられるのではないか」 

 

こうして私は現在、中小企業専門の税理士です。

 

まだまだ力不足で、私の理想に10%も届いていません。でも少しずつでも前に進んで行きたいと思います。皆様のお役にたてる中小企業の身近なパートナーを目指して、これからも努力を続けていきたいと思いますので、どうぞこれからも変わらぬご支援のほどお願いいたします。 

                                   

                                  山名 宗光 

                                         お問い合わせフォーム